希望日記

管理人の描いたイラストや日々思うことなどをありのままに

Entries

中国の陶磁器

どうも今日和or今晩和orお早う御座居ます。

今日は窯芸の先生の車で、臼杵の中国陶磁美術館と臼杵城跡、臼杵石仏を観に行ってきました。
詳しくは「続きを読む」からどうぞ。


朝9時半集合で、臼杵に向かい、大体50分くらいで美術館に着きました。
生憎、学芸員さんはお休みでしたが、館長さんが展示物の説明をして下さいました。
3つの展示室の第1室が6世紀から10世紀ぐらい(唐~宋以前)、第2室が10世紀から14世紀(宋と元)、第3室が15世紀から19世紀(明と清)という区分でした。
膨大なコレクションという訳ではありませんが、一つ一つが特徴をもっていて良いものが多いと思いました。
駱駝がとてもリアルで素晴らしい出来で、世界に2つしかないとのことです。(もう一つは北京にあるらしい)
器では青磁で水色っぽい発色のものがいい色でした。
陶器と磁器の違いはよく分かっていませんでしたが、陶器は不純物の多い粘土、磁器は石を砕いた純度の高い粘土で造るらしいです。
陶器は温かい素朴な感じ、磁器はガラスのような少し冷たい質感になります。
唐三彩の作品も良かったです。

それから臼杵城跡へ。
学校の附属図書館にある彫刻を原形に造られた像があるので、それを見て、大砲の複製を見て、城門を見て、レリーフの作品を見ました。

そして凄い釣具屋さんがあるということで、寄りました。
所狭しと整頓されて並ぶ品々は圧巻です。
見たら吃驚しますよ~。

帰りに石仏の所に行き、お昼御飯を食べ、石仏を見てから帰路につきました。
石仏の所には立派な竹が生えていて、凄く太くて、筍の皮も凄く大きかったです。
お土産に持って帰ってきました。

そして4限に帰ってきて、彫刻特論。
2001年の横浜トリエンナーレの様子のビデオを観ました。
意識が飛びました…(^^ゞ
来週それについて話し合う予定なのですが、大丈夫なのでしょうか。orz

それでは、この辺で。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

Profile

☆このブログについて☆
基本的に管理人の描いたイラストの掲載と思ったことやネタを徒然に書いています。
私のブログへの考え方については、こちらをご参照下さいませ。
メールもお気軽にどうぞ。

Recent Entries

Archives

Categories

Counter

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

How old is this Blog?

Twitter

Blog Search

Weather Report


-天気予報コム- -FC2- -