FC2ブログ

希望日記

管理人の描いたイラストや日々思うことなどをありのままに

Entries

空間表現

どうも今日和or今晩和orお早う御座居ます。

今日は彫刻特論の発表の日でした。
詳しくは「続きを読む」からどうぞ。


それぞれ授業を受けて思ったこと、考えたこと、自分の作品について、今後の研究の方向などを発表していました。
発表といっても堅い感じではなく、話し合うような感じでした。
みんなの話を聞きながら考えたりするのはとても有意義な気がします。
「ものをつくること」に対するそれぞれの想いを聴くのは、勉強になります。

私自身はどちらかというと制作者ではない方面なので、自分の作品ではなく、仏教美術の空間表現についての発表をしました。
グダグダで何が言いたいのか分からなくなりましたが。
私が心惹かれるのは、今はない興福寺西金堂の群像表現です。
最初は阿修羅像への憧れから興福寺を調べましたが、西金堂の表現は現代のインスタレーションにも近いものを感じる物語性のあるものです。
叶うならば、自分の目でその空間を感じてみたかったと思います。
東寺の講堂の21体の仏像群も見応えがありますが、また違った魅力を興福寺西金堂に感じるのです。

一般にインスタレーションは一時的なものであったりするのですが、お寺の堂内は一時的ではなく、失われない限りはその場に在り続けると思っています。
失われれば、一時的なものだったと考えられるのかもしれませんけれど。
時間の感覚はなんとも言い難いものがあります。
決まった単位はあるけれども、感覚は単位には還元されないというか。
何日間、何年間、何十年間と単位で言えばその時間存在していたことにはなるけれども、一瞬でもその場に存在していれば、その存在を認識すれば存在は認められるでしょうか。
逆に言えば、認識されなければその存在は何千年と変わらずあっても…と考えたりもします。

同じように空間の感覚も難しいものだな~と感じます。
自分が認識できる空間はどれくらいのものなのでしょう。
漠然と世界といっても、よく分からないような気がします。

「宇宙」という言葉は、時間も空間も包括した言葉とされていますが、知らなければ分かりませんよね。
言葉もあるだけでは意味を持たない、意味を認識してこそ意味を持った言葉となるのだなと当たり前のことを考えたりします。
もっと色々な言葉を知り、自分のこの考えていることを上手く言葉に出来るようになりたいものです。

それでは、この辺で。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

Profile

☆このブログについて☆
基本的に管理人の描いたイラストの掲載と思ったことやネタを徒然に書いています。
私のブログへの考え方については、こちらをご参照下さいませ。
メールもお気軽にどうぞ。

Recent Entries

Archives

Categories

Counter

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

Calendar

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

How old is this Blog?

Twitter

Blog Search

Weather Report


-天気予報コム- -FC2- -