希望日記

管理人の描いたイラストや日々思うことなどをありのままに

Entries

死の秘宝

「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)
「ハリー・ポッターと死の秘宝」
(上下巻セット)
(ハリー・ポッターシリーズ第七巻)

(2008/07/23)
J. K. ローリング
商品詳細を見る
どうも今日和or今晩和orお早う御座居ます。

ハリポタ最終巻の「死の秘宝」を読み終わりました。
ネタバレに一切配慮致しませんので、ネタバレがお嫌な方はここから先に進まないことをお勧め致します。
お読みになっての苦情には一切の責任を持ちかねますことをご了承下さいませ。
ご理解頂ければ幸いです。
ご了承頂ける方のみ「続きを読む」からどうぞ。

実は6巻の「謎のプリンス」をまともに読んでいない人間ですorz
一応ネタバレのあらすじを読みましたので、大体は分かっているのですが、細かい部分で分かっていない可能性が高いです。
死の秘宝」はちゃんと読みましたが、かなり偏った見方ですのでご注意下さいませ(^^ゞ

とりあえず叫びたいことは、
セブルス…!orz

ダンブルドアが何故あんなにも彼を信用していたのかがやっと分かりました。
偉大な愛、ですね。
凄く切ないです。一途で泣けますよもう!
そりゃジェームズを憎むでしょうね。
ジェームズそっくりで、リリーの目を持つハリーにも複雑な心境でしょう。
彼の最期の言葉が、切な過ぎますよ(>_<)
切実な願いが短い言葉に表れていますもの…orz
原著はどんな言葉だったのでしょうね。

ダンブルドアの過去や、死の秘宝に関すること、多くの人の死と、ハリーの覚悟とヴォルデモートとの決着、どれも印象的でした。
途中はイライラすることも多々ありましたが(笑)
その辺は人間らしさの為の描写なのでしょうね。
ハリーたちはヒーローというだけではない悩める少年少女であると。

最終巻なので、最初から緊迫ムードで容赦ないです。
でも、ビルとフラーの結婚式や色々華やかな場面もあります。(ヴォルから隠れながらではありますが)
その華やかな場面から一転、大臣死亡や魔法省乗っ取りとなるのは、ギャップが激しく吃驚です。

ホグワーツでの最終戦も、最後に行き着く場所はやはりホグワーツなのだな~と思いました。
先生方も素敵です。
しかし、多くの犠牲にはヘコみます。
フレッドは唐突に、リーマス&トンクス夫婦は具体的な描写もなく…。
ネビルの活躍は流石予言のもう一人の選ばれた子だと思いました。
組み分け帽子からグリフィンドールの剣を抜き出し、ナギニを斬るとは格好良いです!!

そしてハッピーエンド。
ハリーとジニーの結婚やら、ロンハーの結婚やら、子どもたちやら。
ドラコの妻がパンジーならもっとおおお!と吃驚したのにな(笑)
ハリーが次男に言った台詞は、セブルスファンにとっては堪らないものがあります。
誤解が解けて良かったなと…。

何はともあれ、読めて良かったです。
絵が描きたくなりました。

それでは。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

Profile

☆このブログについて☆
基本的に管理人の描いたイラストの掲載と思ったことやネタを徒然に書いています。
私のブログへの考え方については、こちらをご参照下さいませ。
メールもお気軽にどうぞ。

Recent Entries

Archives

Categories

Counter

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

How old is this Blog?

Twitter

Blog Search

Weather Report


-天気予報コム- -FC2- -