FC2ブログ

希望日記

管理人の描いたイラストや日々思うことなどをありのままに

Entries

附属校園参加体験実習に行ってきました。

どうも、今日和or今晩和orお早う御座居ます。

今日は朝5時に起きましたよ。(よく起きられたなぁ)
っていうか、5時に起きなくても割と余裕だったみたいです。(苦笑)
余裕過ぎて朝からまた着メロとカラオケ取ってました。(オイ!)
今日の無料カラオケが「カブトムシ」(aikoさん)だったので嬉しかったですね。

そして6時35分くらいに寮を出て、一回学校に行ってビーチサンダルを取った後、駅へ向かいました。(プール掃除をすると聞いていたので、取りに行ったのです。)
で、7時7分の電車で、大分市街まで出て、実習先の学校まで徒歩で行きました。バスもあったのですが、徒歩でも大丈夫そうだったので。(バス代が勿体無いし。笑。)
そして学校の方角に歩いていたら、微妙に遠回りをしてたらしく、30分以上かかってしまいました。
朝っぱらから疲れ気味になりましたよ。(おいおい…)

8時30分くらいから実習についての簡単なオリエンテーションがあり、私は養護学校の高等部の2年に配属(?)されました。
本当ならプール掃除のはずだったのですが、プールが故障したらしく普通に実習をしました。

実習先の養護学校は知的障害を持つ人達が通う学校で、小学部、中学部、高等部があります。(名称に違和感。初等部、中等部じゃないのか?みたいな。)

オリエンテーション後、早速、1時間目の体育に参加しました。
体育と言っても、障害者の方々なので、私たちのようにスポーツをする様な体育ではなく、体力をつける為に、グラウンドを歩き回ったり、走れる人は走ったりしているという感じでした。
私がついた女の子(18歳の方なので、女の子と言っていいのか分からないのですが。)は真っ直ぐ歩くことが出来ず、(歩くことに集中出来ないと言った方がいいのか)常に支えて、引っ張ってあげたり、押してあげたりしなければなりませんでした。
突然うなり声をあげたり、手を口にもっていったりと落ち着きがありませんでした。
そして、これは他の方々にも言えることなのですが、身体が年齢の割に小さいと思いました。(大きい方ももちろんいらっしゃいますが。)

そして体育が終わると、授業に入るのですが、やはり授業も私達の様に先生が前に立って黒板を書いてなどの授業ではなく、生徒一人一人に先生が指示して何かをさせるといった感じでした。
あと、体操もしていましたね。これはどこかで聞いたことなのですが、体操をすることでリハビリ(?)になるそうです。(間違ってたらごめんなさい)
その体操も先生に手伝ってもらってやっていました。
他にも、袋の中から物を出して箱に詰める(入れるの方が正しいかもしれません)や、ボルトにナットを通す練習などをしていました。

また、今日高等部の2,3年は通勤実習をしていたそうです。
これは、一人で会社に行く練習なのだそうです。
朝会社に行き、会社で判子をもらってから学校に来て、先生に確認して貰うのだそうです。
これは障害者の方々には大変なことだと思います。

今日、養護学校に実習に行って大変勉強になりました。
障害者の方々と触れ合う貴重な体験が出来ましたよ。
一応以前(中学の時)に隣町にある施設(この施設は、知的障害者の方と精神薄弱者の方がいらしゃる施設でした。)を訪問するということを経験していたのですが、今日の様に触れ合うということはあまり無かった様に思いますね。今振り返ると。
そして感じたことは、知的障害者の方を理解するのは難しいということです。
これは、最初のオリエンテーションで先生がおっしゃっていたのですが、目が見えないや、耳が聞こえないは、疑似体験出来るが、知的障害の体験は出来ない。だから理解することは出来ないかもしれないが、誤解はしないで欲しいとおっしゃっていました。
誤解とはどういうことを言うのでしょうか。
私にはよく分かりませんが、一方的に可哀想だとか思うことなのでしょうか。
でも、私は障害者の方々を可哀想だと思うことは大変失礼なことだと分かっているのですが、思ってしまいます。他にどう言えばいいのか分からないのです。私は言葉を知らないのです。可哀想とは少し違うことを思っていてもそれをどう言えばいいのか分からない。言葉は思いを完全に表現出来るものではないですね。こういう時いつも思います。自分がどんなに言葉知らずなのかを痛感しますよ。
私達には簡単なことでも彼らには難しいことがあります。
その時に思うのですよ。可哀想とは違うのに可哀想だと。
そう思う自分が嫌になります。つらいです。だから、今日は精神的にきつかった。(体力的にはたいしたことはしていません。むしろ出来なかった。戸惑ってしまって。)
でも考えることが出来る機会があることは悪いことでは無いですよね。
この貴重な体験をこれからに活かせる様にしたいと思います。

また、この文章はものを知らない私が書いているので、不快に思われる方がいらっしゃるかもしれません。失礼なことを書いているとお怒りになる方もいらっしゃるかもしれません。
本当にごめんなさい。
養護学校の先生方、生徒の方々、大変勉強になりました。
本当にありがとうございました。



それでは、この辺で。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

Profile

☆このブログについて☆
基本的に管理人の描いたイラストの掲載と思ったことやネタを徒然に書いています。
私のブログへの考え方については、こちらをご参照下さいませ。
メールもお気軽にどうぞ。

Recent Entries

Archives

Categories

Counter

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

Calendar

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

How old is this Blog?

Twitter

Blog Search

Weather Report


-天気予報コム- -FC2- -