FC2ブログ

希望日記

管理人の描いたイラストや日々思うことなどをありのままに

Entries

語り過ぎ…か…?

どうも、今日和or今晩和orお早う御座居ます。

今日はレポート書こうと午前2時くらいまで起きてましたが、結局書けず、体力の限界を感じたので寝ました。(オイ!)
そして朝は普通に8時前に起きて、朝御飯食べて学校行きました。

1限中国語、今日は時の表現でした。
日本語と微妙に違う感じですが、覚えれられそうなので良かったです。
そしてひたすら落書きしてました。
篁さんの掲示板にお邪魔するべく、イズミ師匠を。
自分なりの感じで描いてますので、偽者…!って感じですが。

2限ハングルとその文化?、すみません!途中で抜けました!
教育本質論のレポート書く為に抜けました。
出席表には○しましたけどね。
でもこの授業、あんまり出席は関係無いので、大丈夫だと思います。

そしてWJを読みつつ、レポートを書きました。
やれば出来るもんだ。
しかし、WJ読んでちょっとヘコんだり。

3限教育本質論、今日はレポートの発表会って感じでした。
みんな自分の経験とか語ってて凄かったです。
中でも集団教師いじめが結構衝撃的でした。(ちょっと怖かった)
後は先生中心の授業から、子ども中心の授業へ、って話もありました。
その他には学級崩壊の話も2つくらい出ました。

学級崩壊、多い様ですね。
どっちに問題があるか。
結論としてはどっちも悪いんですがね。
まず、生徒側としては授業に出席する以上、その授業を真面目に受けるのは当然でしょう。
受ける気が無いのならば出席するんじゃねぇ!(口悪いですよ)
そりゃ出席しなきゃ単位貰えないとか、ありますよ。
でも単位欲しいなら真面目に受けろって言いたい訳です。
勉強する気が無いなら、何故学校に来るのさ。
友達に会いにか?遊ぶ為か?違うだろ!?
まず、学校は勉強の場ってのが大前提な筈です。
勉強があって、そして一緒に受ける友達(仲間)が居るのです。
それを履き違えちゃいけないでしょ。
中途半端な奴が居るから、他の子が迷惑するのです。
しかし、他の子も止めるべきだとは思いますがね。(出来るかどうかは別として)
そして教員も学級崩壊を起こさない様な授業作りが求められるのです。
生徒の興味を引き、学ぶ意欲を引き出す様な授業が。
生徒は暇だったり、つまらないから遊んだり、立ち歩いたり、携帯いじったり色々するのです。
いかに生徒の気持ちを授業に引き付けるか、これが鍵になるでしょう。
そんな授業作りが出来るか。
出来たら苦労はしないですがね。
生徒一人一人個性があるのが当たり前で全ての生徒が興味を持てる様な授業ってなかなか無いですよ。
でも、それを求めなきゃいけない。
それが教員に求められることだから。

それから、先生中心の授業から子ども中心の授業へって話についても言いたいことがあります。
一見素晴らしい様に見えますよね。
これは自主性を持って授業を作り出す理想の形だから。
しかし、現実はそう甘く無い。
如何に生徒に授業を任せても、ある程度の導きは必要です。
生徒だけで授業が成り立つなら教員は要らないでしょう?
手綱を持って、ある程度の方向性を指し示さなければ、どんな方向に話が進むか分からない。
全てを生徒に任せるのは無責任にもなり兼ねない。
しかし、全てを教員がするのは今までと変わらない。
だから、責任を持って、そのバランスを上手く取れることが求められるでしょう。
生徒も自分達で学ぶことが求められる。
しかし、受け身の方が楽なのは事実であり、能動的に何かをすることは大変だ。
でも、子ども中心の授業では、生徒達自身の能動的学習が必要不可欠なものだろう。
生徒が自分達で学ぼうという意欲が持てるかどうか、それが鍵になるだろう。

生徒も教員も理想と現実の狭間で苦しんでいる。
理想ばっかり追っても、現実を見なければ、それは机上の空論でしか無い。
現実だけを見ても、理想が無ければ、何も為せない。
そして諦めにも繋がる。
これは仕方が無いと諦めてしまえば、それはそこで終わる。止まる。前には決して進まない。
光は、見えない。
光が見たいなら、どんなに苦しくても、暗闇が怖くても、前に進まなきゃいけない。
進むことを諦めたなら、暗闇は暗闇のまま。光が見える可能性は零になる。
でも、前に進むのなら、いつかは光が見えるだろう。可能性は零じゃない。
それを信じて、手探りでも、例え不格好だったとしても、進まなきゃ、いけない。

私はロマンチストでリアリストです。
理想を語ることも好きだけれど、現実も見なきゃいけないことは知っている。
基本的に夢(理想)を語る時はロマンチスト、冷めてる時はリアリスト。
それは誰でも同じでしょうね。
人間は多面性を持った生き物ですから、相反する面を持ち合わせているものだと思います。
理想と現実、善と悪などなど、相反する色々な面を持っている筈です。
それらのバランスは人それぞれだけれど。(それが個性だといえる)

色々考えられるいい授業でした。
語りすぎたなぁ…。
見た目長いですが、改行多いので、文章自体は少ない筈です…。(苦笑)

4限日本国憲法、今日は基本的人権の話でした。
でも厳密にはあってない様なものかもしれないと思いました。
完全に尊重される訳では無いですからね。
「公共の福祉」という曖昧なものとの関係において、この基本的人権は尊重されません。
先生は例で軍事基地の周辺住民の話をされました。
爆撃機の爆音ってガラスも割れるそうですね。
そしてその爆音は当然、周辺住民の耳に影響したり、ノイローゼになる人も出てきたりと、基本的人権が侵害されている様に思います。
しかし、訴訟を起こした所、軍事基地は「公共の福祉」の為に必要だって判決されるんですよ。
「公共の福祉」の為に、周辺住民の基本的人権は侵害されるわけですね。
他にも企業や私的団体などによる人権侵害もあるそうですが。
過度に「公共の福祉」を強調してしまうと、基本的人権が無に帰するおそれがあるそうです。
何事も程々にってことでしょうか…。
あと有事法制についても、危険性を指摘してましたよ。
これについては考えないと、何も分からないまま、恐ろしい事態へと押し流されてしまいそうです。
怖いなぁ。

5限彫刻、今日は粘土を芯棒に粗付けしました。
今日もモデルさんがいらっしゃってて、モデルさんを見ながら、やってました。
適当にくっつけていくだけなのですが、楽しかったです。
途中、強く押し込んで粘土を硬くさせたりしました。
とりあえず、あらかた付け終わりました。
片付けとかしてたら6時半になってましたよ。

帰って晩御飯食べてから、寝ました。
とめさんにWJ貸して、そのままダウン。
起きたのは11時半くらいでしたかね。
で、それから日記を書いている訳ですが、もう午前1時回ってたり…。
まだこれからWJ感想書く気ですが、ここまでで長いので一旦ここで切ります。
下に付け足しますね。


それでは、この辺で。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

Profile

☆このブログについて☆
基本的に管理人の描いたイラストの掲載と思ったことやネタを徒然に書いています。
私のブログへの考え方については、こちらをご参照下さいませ。
メールもお気軽にどうぞ。

Recent Entries

Archives

Categories

Counter

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

Calendar

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

How old is this Blog?

Twitter

Blog Search

Weather Report


-天気予報コム- -FC2- -